<<04  2009,05/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  06>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
おいしい声とカブトムシ風味のスイカ
思えば、会社員時代から何かとずっと忙しくしてきました。会社勤めの5年間はとても忙しい職場に在籍しておりました。

某自動車部品メーカーで、製品の輸出手続きを担当していました。海外拠点から、必要な数の依頼を受け、あちこちの製造部で出来上がった製品の数量を把握して、どの船便に乗せるか決定し、船会社(コンテナ)を指定し、通関のための書類を作成し、といった、要は貿易実務。私はオーストラリアとニュージーランドを主に担当しておりました。現地から急ぎの依頼があれば、AIR便の手配も。これは特に書類の作成に時間がないため、毎日が勝負。非常に活気ある職場でした。

とにかく忙しくて、特に最初の1年は慣れなくて(おそらくは“英語”というキーワードのみで海外部に配属されたので貿易実務という言葉も知らず。実務で叩き込まれたので)残業続きでした。会社の寮の門限にも間に合わない毎日に、寮監長が上司に電話で抗議してくれたこともありました(笑)。毎日ヘロヘロで寮に戻っていた私を、さすがに心配してくれたようでした。

結局居辛くなって退寮。毎日二時間近くかけて実家から通いました。その後結婚してさらにバタバタな毎日。そして妊娠。出産予定日の4週間前まで働かせていただきました。

そして子供が生まれて、そこからは3人の子育ての毎日。なんだかんだと忙しかったのに、一番下の子供が幼稚園の年中の時に、突然思い立って屋台を始めることになり。

要は、現在のように誰にも干渉されず(子供達も夕方まで不在ですし)、仕事のスケジュールも全くない毎日は、約20年ぶり。社会に出てから初めてなわけです。

・・・前置きが非常に長くなりました。

そんなかつての忙しい毎日では、興味のある本しか読んでこなかったので、読書の傾向に非常に偏りのあった私ですが、現在は夫が買ってきた、私が全く興味のない類の本まで、時間に任せて斜め読みするようになったわけです。

私が絶対興味のないジャンル。それは「脳の科学」とか「仕事の能率を上げるテクニック」の本とか、「速読術」に関する本だったりとか。HOW TO本と言われる類かな?
そもそも私は家電や携帯の取扱説明書さえ読めないのです(読まないのではなく読み進める根性がない・・・)。

そんな中で、最近リビングに無造作に置かれている本があります。なんでも「頭の回転が50倍速くなる」本らしいです(笑)←バカにしているのではなく、あまりの趣味の違いに笑いが込み上げるのです。

さて今日のこと。ソファに腰掛けたらそこにその本があったので、パラパラとめくったのです。あんまり読むつもりなかったのですが。

そしたら、おもしろい文章を発見しました。
「共感覚」という言葉。ご存知ですか?

それは「この音は赤い」といったような、ある感覚を別の感覚に置き換えて表現する事なんですって。

一万人に1人くらいの割合で、先天的な共感覚者がいるとのこと。

!!うちの娘のことかも。
「香酢」で有名な、やず○の「雑穀米」のCMで、大滝秀治(かなぁ?)のナレーションが入るのですが、娘はいつも目を閉じてシミジミと「この声はおいしそうな味がする・・・」と呟くのです。ちょっと素っ頓狂な表現に私は「ちょっとずれているのかなぁ?」と思ったのですが、個性的な娘に、単純におもしろがっておりました。

それは「共感覚」というものだったとは。
というか、子供にはありがちなことなんじゃないの?と思っても見たり。あ、でもでも上の息子達からは聴いたことないかも。やっぱり娘の個性なのでしょうか。

そうそう!前述の会社員時代に「鬼のように忙しい」が口癖の男性がいました。そういう表現を、それまで聞いたことのなかった私は「なんで忙しいのと鬼が関係あるんだろう??」と、思ったものでした。よく使われる例えだということを後に知りましたが、ひょっとしてそれも「共感覚」?←違いますね・・・すみません

もう一つ。
私は子供の頃からスイカとメロンがあまり好きではないのですが、その理由は「カブトムシみたいな味がするから」。

と人前で話す度に「お前はカブトムシを食ったことがあるんかい!」と突っ込まれてばかりでした。でもほんとにそんな感じの風味なんだもん~。これは「共感覚」ですよね?ね?

・・・しかし「共感覚」の話をするのに、なんでこんなにまとまりなく長くなるかなぁ自分・・・
いつもとりとめのない話ばかりですみませんです。

スポンサーサイト
初めての開花
090519_1656~0001
画像は5年以上前から庭の片隅に蔓延り出したつる植物。

テイカカズラといって、そのへんの里山に普通に自生している植物なのですが、切っても切っても生えてくる。お店を始めてから、すっかり放置していた庭なので、テイカカズラも伸び放題。他の木や花に迷惑がかからない程度に剪定はしておりましたが、ムクゲの木とほぼ同化しているような状態でした

それが今日、気づいたのです。ムクゲの木に絡まっているツルからジャスミンのような花が咲いている!おまけにすごくいい香り!いやもうビックリ。
090519_1653~0001
雑草でしかなかったはずなのに、数年かけて花を咲かせるまでに成長したのですね。今までちょっと疎んじていただけに、ちょっとカンドウしました。

お店を始めるまでは一番の趣味だった庭いじり。5年以上放置してきましたが、それでも多年草や花木は毎年咲いてくれたり、植えた覚えのない花がちょくちょく咲いては「ラッキー」と思ったり。 自然に任せた庭の植物の様子を毎日見ることが、毎朝の私の原動力でした。

植物はほんと、いつも気持ちを和ませてくれます。ありがたいことです。

何せ田舎に育った私です。母はよく、幼い私達兄弟4人を連れて近くの通称「なっこ山」へピクニックに行ったものです。小川沿いの草むらにはカワラナデシコが咲き乱れ、スイバを齧ったりツバナをモグモグしたり、ヤマモモの実を採ったりアケビを食べたり、今にして思えば、なんて豊かな生活だったのでしょう。

母は植物に関する知識も非常に豊富で、父も山野草好きな家庭で育ったおかげで、私も里山の植物や山野草にはちょっと詳しいです。植物好きに育ててくれた両親に感謝ですね。

それにつけても、テイカカズラ(藤原定家にちなんでいると母から聞いた記憶があるけど本当かなぁ?)よ、がんばった姿を見せてくれてありがとう!!!
090519_1646~0001

最高のパン職人さん
私が知っているうちで、間違いなく最高のベーグルとパンを焼く職人さんがいます。

岡崎は康生にて「べーぐる庵」を経営されていたKさん。

あるイベントでお会いしたことからお近づきになり、コーヒー専門屋台の私が、貸切イベントに出店する時に「軽食を・・・」と依頼されると、彼女にベーグルサンドを作っていただきました。クライアント様にすごく好評で「またあのベーグルのを・・・」とリクエストいただいたり。

その後、彼女はご縁があって、急展開で康生にお店を出され、あっという間に人気店になりました。私が彼女を知っているということを知らないお客様から「岡崎のべーぐる庵って、すごくおいしくて・・・」とお聞きすると「私、彼女を知ってますよ~」とちょっと鼻高く言いたくなったり。

そんな「べーぐる庵」さんでしたが、昨日で康生のお店を閉店しました。これからは元々の拠点だった額田のパン工房で配達と移動販売と日曜パン屋さんをメインに活動されるとのことです。

私は移動販売を数年続けてきて、これからの自分の方向性を見出しましたが、彼女もまた、お店を出されたことで、ご自分が本当にしたいことが見えてきたようです。

どんな仕事でも一生懸命続けているうちに「これが天職だ」と思ったり「自分がしたいこと、自分にできることは違うことなんだ」と気づいたり。最初から自分の将来が見えている人も、それはそれで素晴らしいとは思うのですが、少し回り道して辿りつくのもおもしろい生き方だと思うのです。

そして回り道や寄り道は、素晴らしい経験として間違いなく活かされると信じているのです。

彼女と私は、進む方向がクロスしていますが、これがまたおもしろいお付き合いを続けていられる理由なのかもしれません。

Kさん、お疲れ様でした。これからの展開を、楽しみにしています。

三尺箸の教え
たぶん子供の頃だと思うけど、誰から聞いたか全然覚えてないけど、気になりだしてネットで調べました「三尺箸の教え」。ストーリーも、大雑把なとこしか覚えてなくて、ちゃんとした話を知りたかったのです。

「地獄」「箸」の2つで検索したら、たくさんヒットしました。細かい部分は違えど、言いたい事は同じですね。

夫も私の姉と妹も「知らな~い」と言うこのお話。あまり一般的ではないのかなぁ?

それはこんなお話なのです。

~ ~ ~ ~ ~

「天国」と「地獄」の違いは何か?それぞれの食卓の様子を見てみましょう。

天国と地獄の食事は、どちらもまーるいテーブルにぐるりと座る人々。テーブルの上にはご馳走がたくさん並んでいます。そう、天国も地獄も同じなのです。

そして座っているどちらの住人も、みんな手に三尺の箸を握っているそうな。その箸で食事しなくちゃいけない。

地獄の住人達は、その長い箸で目の前のご馳走をやっとの思いではさみ、口に運ぶ。でも何せ三尺(三尺三寸という説も)。なかなか口に入りません。目の前にあるご馳走が食べられないイライラと空腹で、その食事風景は実に殺伐としているそうな。

しかし天国の食事の光景は違います。みんな、箸でご馳走をつまむと、それを向かいに座っている人の口に運んであげるのです。「お先にどうぞ」「ありがとう。あなたもどうぞ」みんながそんな感じ。

ということで、彼らはお腹も満たされ、ニコニコとしているそうな。

同じ環境にいても、考え方一つでそこが天国にも地獄にもなりえる、というたとえ話なのでした。

あと、自分がお腹がいっぱいになること(自分の幸せ)しか考えていない人は、結局満腹(幸せ)にはなりえないという事。周りの人が喜ぶことをすれば、いずれ自分に帰ってくる、という教訓めいたお話なのでした。

あースッキリした。

ところで検索したら出てきたのが「柿安三尺三寸箸」というお店。屋号の由来はやはりこのお話のようです。

・・・覚え書きに書いただけで、他意はありません。
ご無沙汰続きの果てに、覚え書きですみませんです。。。

あっという間に5月に・・・


すっかりご無沙汰しておりました。

GW、皆様いかがお過ごしでしょうか。

私はのんびりしているような忙しいような。日常を日常的に過ごしております。
4月は、先日もお知らせした通り、某店内にてコーヒー部と称してコーヒーを一杯点てで提供する傍ら(体調が悪いときには店におりませんので、オーナーにコーヒーの入れ方は徹底的に仕込みました)、それと合わせて子供達の新学期ゆえのバタバタと格闘しておりました。

高校、中学、小学とそれぞれのPTA総会やら家庭訪問やら授業参観やら、児童個表の提出から雑巾二枚の提出やら、進路のアンケートやら、テーブルの上はプリントでいっぱい!

そんなバタバタも落ち着いたある日、友人達と気楽なピクニックをしました。
バーベキューにも良い季節ですが、今回はとにかくのんびりしたかったので、買出しや準備や後片付けのない、ポットラックパーティー形式で。

気持ちの良い日でした。アウトドアってやっぱりいいですね。思いっきり光合成できました。廃業してからご無沙汰だった友人達との再会も嬉しかったです。みんな好き好きに食べて飲んで会話して。

私の30代最後の一日(!)は、こうしてとても思い出深く過ぎたのでした。

企画してくれた友人と、集まってくれた友人達に感謝なのです。
プロフィール

Lazy Betty

Author:Lazy Betty
元・移動カフェオーナーの新たな野望を実現させるまでの軌跡(奇跡じゃないよ)のブログです。

愛知県豊田市駅前にてコーヒー屋台(移動カフェ)営業をしておりました。
その3年間に渡る定点観測の経験から、駅周辺に集う人々が何を求め、どんな場所を必要としているかを観察し続けた先にあるものを共有できれば幸いです。

2009年12月~2010年11月まで、豊田市駅近くの「Bar old kenny」にて、昼間カフェ部門として「The third place」を展開しておりました。現在はフリーで、傾聴屋、デリバリーのコーヒーサービスをお請けしております。

家庭ではなく、職場でもない、お客様にとって三番目の居場所を作りたいと思っています。しがらみのない、肩書きも必要ない、そんな緩やかな時間をお過ごしください。

お客さま
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ブログ内検索
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。