<<09  2009,10/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  11>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
お散歩コースにて
himawari

現在無職の私が、今一番時間をかけていることは、犬の散歩です。
朝夕は犬の銀座状態のお散歩コースなので、現在は時間をずらして、昼前と夜に一時間ずつ歩きます。

私が住んでいる地域は、お散歩するには実に気持ちの良いところです。とにかく空が広い!
四方に遮るものがないため、エンジン付きのパラグライダーの発着地もあって、上空を舞ったりしています。

画像は、季節はずれに見えますが、今日撮影したものです。時期をずらして種まきをしたのでしょうか、今ヒマワリが満開なのです。隣の畑にはコスモスが満開です(笑)。

おもしろいので撮ってみました。素敵でしょ?
スポンサーサイト
コーヒー屋台を始めたばかりの頃。
最初の出店場所は、名古屋にある星が丘テラスというショッピングモール。

地下鉄星ヶ丘駅を降りてすぐ、客待ちのタクシーが、常に10台以上は当たり
前に並んでいる場所での出店だったため、コーヒー販売が初めてだった私に、
タクシーのドライバーさん達の洗礼が・・・

ほとんどが60代以上のおじ様達。しかもクセのある人ばかり(笑)。
コーヒーをよく買ってくれる一番のお客様方だったのですが、それはもう口の悪いこと。

「そんなおデブちゃんで、車もかわいそうだな」とか
「座ったままでコーヒー売るとは偉そうだな」とか
財布の中の札束を見せて「で、あんたは幾らでOKなの?」とか
「ミルクはあんたの母乳がいいなぁ」とか、まぁそんなのは笑って聞き流すわけですが。

それでも私は間違いなく彼らから、大切なことを教わったりもしたのです。
冬の寒い日に、私が寒そうにしていると
「おみゃ~(本当に名古屋のおっちゃんはそう言う)、こんなもんで寒そうな顔
しとっちゃいかんて。冬の夜にたこ焼き売ってみ?こんなもんじゃないて。
それでも商売するからには、平気な顔をせないかんのだて」とか。

「暇だからって下向いて本なんか読んどって客が寄ってくるか?」とか。

その度に、商売にど素人な私は、ハッと気付かされたりしたのです。

でも、一番心に残っている言葉は、
「美人は無愛想でも客が来るかもしれんけど、おみゃ~は全然ダメだわ、笑っとらんと
話にならんわ」という一言。

私は決して自分を無愛想だとは思っていませんでしたが、この言葉で気づきました。
お世辞にも美人とは言われたことのない私は、人並み以上に笑顔を保ってナンボ
なんだ、ってね。

人(老若男女問わず)がつい声をかけたくなるような、近寄りやすい笑顔は、顔の
造作もごまかせるのだということにも気づきました(笑)。

さらに、笑顔を保っていることで、自分の気持ちも笑顔につられて明るくなること、そして
周りの人達の気分をも良くすること、がわかってきたのです。

そう、今でも顔を覚えているタクシードライバーのIさん。彼は私の心の師匠なのです。


・・・さて、星が丘を離れて豊田の駅前で営業を始めてからのこと。
よく写真を撮ってくれたお客さまがいました。その方はWEBデザイナーさんで、パソコン
の苦手な私に、当店のHPを作ってくださったのです。

デザインも素敵で、ご自分で撮られた画像もレイアウトしてくださり、すごく気に入ったの
ですが、唯一気に入らなかったのは、トップページに私の顔が思いっきり登場していること。
「綺麗な人なら良い宣伝になるんでしょうけど、私の顔なんか載せたら、来るお客も来なく
なるじゃないですかー」と、画像の貼り替えを懇願したのですが、いつもはおおらかで、
自己主張することのない彼が、この時ばかりはどうしても譲らず。

本気でイヤだったので、しつこく食い下がる私に、彼はこう言いました。

「オーナーの顔を見せるということはとても大切なことで、言ってみれば誠意を表現している
ようなもの。美形かどうかは問題じゃないから、これだけは譲れないんだよねー」

これが本当の事なのか、困る私を見ておもしろがっていただけなのか、その時はあまり
ピンとこなかったのですが、結局画像はそのままでHPを続けておりました。

その後、その方は急逝したため、確認はできないのですが、今の私は、彼の言葉を
結構信じちゃったりしていて、自分の誠意を見せるには、自分の顔を見てもらうのが
一番手っ取り早いかな、と思っているのです。

ということで、このブログも、趣味でやっているmixiにも、常に顔写真を掲載しています。
(トップページでない時もありますが)。

単純といえばあまりにも単純ですね(笑)。正面を向いていないのは、まだ恥ずかしさ
が残っているから?かな。

でもやっぱり顔って、大切だと思うのですよ。決して造作云々ではなくね。

・・・「ネット上で顔を出したりして危険じゃないの?」と、たまに言われたりもするので、
書いてみました~。


トヨタロックフェスティバル!
お久しぶりです。気がつけば今年も、残すところ3ヶ月を切りましたね。本当に一年って早いです。

新しいステップに向けて、ゴソゴソと動いております。一番形としてわかり易い最近の活動は、豊田市の商工会議所の主催する「創業塾」という、起業を志す人達を対象としたセミナーに参加しております。5週間にわたり、様々な分野で活躍されている方を講師にお招きして、講義していただくのです。
具体的でとても勉強になるセミナーになりそうです。

またその話はおいおい・・・

さて、昨日の日曜日は、気持ちよい秋晴れの下、「トヨタロックフェスティバル」が開催されました。
このイベント、今年で3年目になりますが、昨年、一昨年は、珈琲屋台を出店させていただきました。野外音楽イベントに出店するのは本当に楽しくて、ステージの生音が、車全体に共鳴する中、体を揺らしながら珈琲を作ったり。

そんな大好きなイベントに、今年は初めて、純粋にお客という立場で参加しました。
昨年も素晴らしかった、奄美の唄者の朝崎郁恵さんのステージも、豊田市が生んだ最高のミュージシャン集団(と私は確信しています)の「タートルアイランド」も、初めて間近で、体全体で楽しむことができました。

そして集まった友人で、芝生にシートを広げ、まるで花見の宴会のような状態になり。
いろんなお店を冷やかしたり、フード系のお店でお買い物したり、知り合いの移動カフェさんと楽しく話したり。

コーヒー屋台時代のお客様にも、ざっと40人ほど、ご挨拶させていただきました。みなさんお元気そうでした。新しい仕事に励んでいる人、高校時代から憧れていた(その頃から当店の常連さんでした)農業の世界に足を踏み入れた男の子、イベントを運営しているスタッフの皆様、笑顔はお変わりなく、屋台を閉めてからの10ヶ月を忘れさせてくれるほどでした。

本当に楽しい一日に、居合わせた皆さんに感謝です!
スタッフの皆様、お疲れ様でした!ありがとうございました。

また来年!
プロフィール

Lazy Betty

Author:Lazy Betty
元・移動カフェオーナーの新たな野望を実現させるまでの軌跡(奇跡じゃないよ)のブログです。

愛知県豊田市駅前にてコーヒー屋台(移動カフェ)営業をしておりました。
その3年間に渡る定点観測の経験から、駅周辺に集う人々が何を求め、どんな場所を必要としているかを観察し続けた先にあるものを共有できれば幸いです。

2009年12月~2010年11月まで、豊田市駅近くの「Bar old kenny」にて、昼間カフェ部門として「The third place」を展開しておりました。現在はフリーで、傾聴屋、デリバリーのコーヒーサービスをお請けしております。

家庭ではなく、職場でもない、お客様にとって三番目の居場所を作りたいと思っています。しがらみのない、肩書きも必要ない、そんな緩やかな時間をお過ごしください。

お客さま
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ブログ内検索
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。