<<04  2017,05/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  06>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
次は猫話
不思議な猫の話を。
2009.1.31 308
この猫ちゃん、私が豊田市駅西広場で営業を始めた当初(3年前)から見かけています。近所の飼い猫かノラか、ちょっと定かではありませんが、とにかく触らせてくれない。5m以上近づけない猫ちゃんだったのです。

その頃、よくお立ち寄りくださっていた常連Tさんが、一眼レフで望遠で撮影したことはありますが、超猫好きでご自宅で何匹も飼っている彼も、決して近づかせてもくれませんでした。

常連Tさんは、実はその後亡くなりました。私の営業スタイル(敢えて書きませんが)を気に入ってくださったのか、わざわざ片道30分かけて、週に3回ほどお越しくださっていた方で、当時まだまだ常連さんが少なく、時間のたっぷりあった私は、彼といろんな話をしました。当店の古いHPも、webデザイナーだった彼のお手製です。

当時私は、お客様とは私的なお付き合いを一切しないことをモットーにしていたので、仕事を離れて会ったことは皆無だったのですが、亡くなった事を知った時には、私はショックでお店を続けることができないような状態になったりもしました。

でも、他のお客様達の有形無形の励ましで、お店を再開(しばらく休業していました)、それからまもなく3年になります。

実はこの猫ちゃん、彼が亡くなってから、ほとんど姿を見かけることがなかったのです。もともと壁に貼り付く様に移動するような猫ちゃんだったので、忙しくなっていた私は、その存在さえ気づかない程だったのですが、閉店の二週間ほど前から、急に姿を見せるようになったのです。

しかも広場の真ん中を堂々と歩いて車に近づいてくる。車の周りや車の下を出たり入ったり。
その様子から、あの猫ちゃんではないかも?とも思いましたが、当時彼が撮った画像を確認してみると、やっぱり同じ猫としか思えないのです。

最後の挨拶をしに、猫ちゃんの体を借りて、Tさんが来てくれたのかな、と思ったりするあたり、私も感傷的ですね。

でもほんと、閉店の3日前くらいには、信じられないことに、ナデナデまでさせてくれて、あの時の警戒心の塊の猫ちゃんとは別猫のようなのです(実は私は超猫派)。

Tさんが「お疲れさん」って言ってくれてるような気がしました。うん。がんばったよ。


・・・・そして後日談をば。
Tさんが亡くなった時、私が一番後悔したのは、お客様とは外で決して会うことをしなかった自分の中の決め事。もっともっといろいろな話をしたかったのに、私のこだわりのせいで、その可能性を潰してしまったということ。

その後、私は、時間の許す限り、男女問わずお客様と、プライベートで食事したり呑みにいったり、をするようになったのです(笑)。

袖すり合うも他生の縁。ご縁があると思った方とは、積極的に繋がりを持ち続けることが、今の私のモットーなのです。

全てがご縁です。まさに「一期一会」の気持ちで日々生きたいと思っているのです。




スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

Lazy Betty

Author:Lazy Betty
元・移動カフェオーナーの新たな野望を実現させるまでの軌跡(奇跡じゃないよ)のブログです。

愛知県豊田市駅前にてコーヒー屋台(移動カフェ)営業をしておりました。
その3年間に渡る定点観測の経験から、駅周辺に集う人々が何を求め、どんな場所を必要としているかを観察し続けた先にあるものを共有できれば幸いです。

2009年12月~2010年11月まで、豊田市駅近くの「Bar old kenny」にて、昼間カフェ部門として「The third place」を展開しておりました。現在はフリーで、傾聴屋、デリバリーのコーヒーサービスをお請けしております。

家庭ではなく、職場でもない、お客様にとって三番目の居場所を作りたいと思っています。しがらみのない、肩書きも必要ない、そんな緩やかな時間をお過ごしください。

お客さま
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ブログ内検索
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。