<<04  2017,05/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  06>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ごほうび。
朝、いつものように、広場を掃除していました。今朝は特に、花苗を植えたばかりのプランターにタバコの吸殻が多く、私はやっぱりいつものように、使い捨てのビニール手袋をして、苗の間の吸殻を一つずつ拾っていたのです。

と、後ろから声が。
「花が好きかね」と。振り返ると60半ばの見知らぬ男性。部屋着?のようなラフな格好に裸足に草履。いかにも近所のおじちゃん、といった感じの方でした。

「いえ、あ、花は好きですが、今は吸殻を拾ってました」とお答えすると、男性は「そうかそうか。自分の庭でもないのにたいしたもんだ」と。

「一日ここにいますから、やっぱり気持ちよくいたいですからね」と言うと、怪訝な顔をされたので、「この車でコーヒーを売ってるんですよ」と解説を添え。

「ほおお。じゃ一杯もらおうかな」と言われたのですが、あいにくマシンがスタンバイ中で、お湯が沸くまでにあと10分ほど。その旨お伝えすると、

「そうか。じゃまたあとで来るからな。おいしいコーヒー、入れてくれな」と言い残して去っていかれました。

そして20分ほど過ぎた頃、彼は戻ってきました。そして「おいしいコーヒーな。わしはコーヒーにはうるさいからな」とご注文され、ドリップコーヒーをお作りしました。

と、彼は手にしていた紙袋をカウンターの上に置きました。近くのケーキ屋さんの袋でした。そしてこう言われました。
「わしは公共の場を掃除している人を見ると、誉めずにはおれんで、ケーキを買ってきた。一緒に食べよう」

特に初めてのお客様ですし、ホイホイといただくのも、と躊躇したのですが、男性のお気持ちが嬉しくて、結局お言葉に甘え、自分の分のコーヒーも入れて男性の向かいに座り、朝からケーキタイムとなったのでした。

午前中は比較的お客様が少ないこともあり、のんびりと四方山話をしていたら、その男性が、私の亡き父と同年だということがわかり、なんだかさらに嬉しい気持ちになったのでした。

早起きは三文の徳?じゃないですが、こういうのはなんというのでしょうね。
気持ちのよい朝のお話でした。
スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

Lazy Betty

Author:Lazy Betty
元・移動カフェオーナーの新たな野望を実現させるまでの軌跡(奇跡じゃないよ)のブログです。

愛知県豊田市駅前にてコーヒー屋台(移動カフェ)営業をしておりました。
その3年間に渡る定点観測の経験から、駅周辺に集う人々が何を求め、どんな場所を必要としているかを観察し続けた先にあるものを共有できれば幸いです。

2009年12月~2010年11月まで、豊田市駅近くの「Bar old kenny」にて、昼間カフェ部門として「The third place」を展開しておりました。現在はフリーで、傾聴屋、デリバリーのコーヒーサービスをお請けしております。

家庭ではなく、職場でもない、お客様にとって三番目の居場所を作りたいと思っています。しがらみのない、肩書きも必要ない、そんな緩やかな時間をお過ごしください。

お客さま
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ブログ内検索
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。