<<04  2017,05/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  06>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
答えを探し続ける
普段の生活の中で、疑問に思ったり「なんで○○なんだろう?」って思ったりすることってありますよね。
で、すっかり忘れた頃に、ふいに答えが頭に浮かんだりするって経験、ありませんか?
たとえば、友達との会話中に、昔のアイドルの名前をどうしても思い出せなかったとします。
喉元まで出掛かってるのに、顔も充分思い出してるのに、どうしても名前だけが思い出せない。
で最後までわからずじまいで、会話が終わってしまうこと。

で、数日後に、運転中とかに不意にそのアイドルの名前が頭に浮かぶんです。
「あーそうそう!なんであの時思い出せなかったかなー」みたいな。

自分が考えた質問の答えを、自分が忘れているようでも脳は勝手に探し始めるのだそうです。

「自分に疑問を与えておくと、答えが不意に浮かぶ」っていうのは、誰の文献だったか忘れたのですが、こんな感じ。
「もし貴方に悩みがあったとします。その時に”どうして○○なんだろう?どうしてできないんだろう?”と考えると、そのあと自分が忘れたようでも、脳は自分が与えた問題の答えを延々と探し続けるのだそうです。過去の脳内の記憶や経験から現在の状況など、ありとあらゆるところから、脳は答えを引き出そうとするらしいのです。で、上のような質問を投げかけると、脳は“だめな理由、できない理由”を探し続けるわけです。それは実に不毛なこと。じゃこの場合どうしたらよいか?実に簡単。“どうしてできないんだろう?”ではなく常に“どうしたらできるようになるんだろう”という思考に変換するわけね。そうすれば脳は、それができるようになる方法を探し始めるわけです。コンピュータで検索をかけて、一生懸命探し続けるように。である日突然「見つかりましたー!」と脳が叫ぶわけです。

できない理由、ダメな理由を探すのはやめて、常に「どうしたらできるんだろう?」と発展的な疑問を、常に自分に与えるようにしましょう~。

スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

Lazy Betty

Author:Lazy Betty
元・移動カフェオーナーの新たな野望を実現させるまでの軌跡(奇跡じゃないよ)のブログです。

愛知県豊田市駅前にてコーヒー屋台(移動カフェ)営業をしておりました。
その3年間に渡る定点観測の経験から、駅周辺に集う人々が何を求め、どんな場所を必要としているかを観察し続けた先にあるものを共有できれば幸いです。

2009年12月~2010年11月まで、豊田市駅近くの「Bar old kenny」にて、昼間カフェ部門として「The third place」を展開しておりました。現在はフリーで、傾聴屋、デリバリーのコーヒーサービスをお請けしております。

家庭ではなく、職場でもない、お客様にとって三番目の居場所を作りたいと思っています。しがらみのない、肩書きも必要ない、そんな緩やかな時間をお過ごしください。

お客さま
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ブログ内検索
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。