<<04  2017,05/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  06>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
やんちゃ和尚


先日のこと。娘の小学校で、通称「やんちゃ和尚」こと廣中邦充さんの講演がありました。

PTA役員をしているママ友の希望で、仲立ちをした次第です。

しかしそもそもどうして私が和尚さんと知り合いなのか?
それは私が、移動カフェをしていた時に遡ります。

いつも営業していた豊田市の駅前の広場にはいろんな人がいました。その中でも、自分の
子供達と同じ年頃の子供達が、平日の昼間から広場で屯しているのがとても気になってい
たのです(このブログでも何度か書いてますね子供達のこと)。

話しかければ普通に答えてくれます。近くのファストフードでテイクアウトしては広場で
食べ、ゴミを撒き散らかしますが、ゴミ袋を渡して言えばちゃんと集めてもくれます。
みんな良い子達でした。でも学校には行かないんだなぁ。どうしてかなぁ。一体どういう
声かけをしたらいいんだろう?といつも頭の片隅に引っかかっていたのです。

移動カフェをやめた後しばらくして、新聞の記事にやんちゃ和尚の講演会の記事を見つけた
とき、広場にいた子供達の事がすぐに頭に浮かび、講演会を聞けばなにかしらのヒントを
得られるのでは?と講演会を聞きにいきました。
もう移動カフェもやめたことだし、会うこともない子供達ではありますが、いつか固定の
カフェを始めた時に、そういう子供達の居場所の一つにできれば、という思いもありました。

講演会での和尚さんのお話は一貫して「最初から悪い子供は1人もいない。全て親の責任で
ある」というものでした。正直それを聞いて、納得はしましたが、では他人の私にできる
ことはないの?と疑問も抱えつつ、講演終了後に用事のあった私は会場を一番に飛び出して
エレベーターに乗ったのでした。

ドアの開いたエレベーターに乗り、ドアを閉めようとしたら、なんと向こうから和尚が走って
きました。彼も急いでいる様子でエレベーターに乗り込み「あー間に合った」とおっしゃいま
す。
「今から埼玉に行くんだけど新幹線がギリギリでね」とおっしゃるので
「私、車で来たのでよかったら駅までお送りしましょうか?」と申し出て、
「あーそれは助かるわ」という事で一階に降り、車を取りにいこうとしたところ講演会の主催者
さんがタクシーを用意してくださっていたので、駅までお送りするまでには至りませんでしたが。

その後、せっかく会話も交わせたことですし、和尚のメールアドレスもメモしたので(彼は
講演の際に必ず御自身の携帯の番号とメルアドを大きく黒板に書かれます。困った時にはい
つでも連絡くださいというお気持ちからです)、新幹線に乗った頃を見計らってメールをし
ました。
「さきほどエレベータで一緒になった者です。新幹線は間に合いましたか?」
そして、なぜ講演会を聞きにきたのかという理由も書きました。

するとすぐに返信が。それには「あなた、少し前に新聞に載ってた人?」とありました。
そこからいろんな話を聞かせていただいたり、お電話をいただいたりというお付き合いが始
まったという次第です。

講演の前に、学校近くのカフェでお茶しました。

が、お茶している間中、携帯がなりっぱなし。忙しい人だとは思っていましたがこれほど
とは。たいていは気持ちよく話していましたが、そのうちの一本は少々深刻らしく、店の
外に出て話しこんだりもしていました。

しかしまぁ本当にパワフル。そして朗らか。この大らかさは近くに居る者を安心させますね。
住職というにはちょっと破天荒な感じがするくらいの元気の良い和尚なのでした。

3月3日に島田伸助の「平成駆け込み寺」(だったかな?)という特番が放送されるそうです。
先日、収録を済ませたとおっしゃっていました。興味のある方、ぜひご覧くださいねー。


スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

Lazy Betty

Author:Lazy Betty
元・移動カフェオーナーの新たな野望を実現させるまでの軌跡(奇跡じゃないよ)のブログです。

愛知県豊田市駅前にてコーヒー屋台(移動カフェ)営業をしておりました。
その3年間に渡る定点観測の経験から、駅周辺に集う人々が何を求め、どんな場所を必要としているかを観察し続けた先にあるものを共有できれば幸いです。

2009年12月~2010年11月まで、豊田市駅近くの「Bar old kenny」にて、昼間カフェ部門として「The third place」を展開しておりました。現在はフリーで、傾聴屋、デリバリーのコーヒーサービスをお請けしております。

家庭ではなく、職場でもない、お客様にとって三番目の居場所を作りたいと思っています。しがらみのない、肩書きも必要ない、そんな緩やかな時間をお過ごしください。

お客さま
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ブログ内検索
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。