<<07  2017,08/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  09>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今、私がしていること。
ご無沙汰しております。皆様日常を変わりなく過ごしていらっしゃいますか?

私は、前回記事を書いたあたり(正確に言えば震災の後)から、身の回りが大きく変わっています。

今、私が何をしているか。

実は東日本大震災に関するボランティアを少し手伝っております。

まず震災の数日後に、被災者を個人宅へ受け入れるボランティアというものに登録しました。

当初私が一番気がかりだったのは、赤ちゃんや小さいお子さんやそのお母さん。
着の身着のまま放り出され、寒い避難所で、赤ちゃんが泣くたびに周りに気をつかったりと、
きっとお母さんは身の縮む思いでいるだろうと心配でした。

寒い床の上で、プライバシーもなく、子供を守るために必死で、きっと自分が
疲れていることにさえ気付かないほど疲弊しているのではないかと思いました。

そういったお母さんや赤ちゃんに、短期でも長期でも、体をゆっくり休めてもらって
まずは気力体力を取り戻してもらいたい、と、思いました。生活の目処がつくまで
いてもらえばいいと思いました。

もし私に、念願のカフェ物件が見つかっていて、お店を始めていたらきっと
こういったボランティアも到底無理な話だったと思います。


さて。
私が次に考えたのが、被災して家を失った方や地元に住めなくなった方達が、親戚や
友人を頼って全国に散ってからのこと。

いつ帰れるのか目処もつかず、生活に不安もあるだろう彼らが、慣れない土地で
同じ状況の人達と知り合えたらどれだけ心強いだろう、と思いました。

私たちがどんなに心配しても、被災された方の気持ちを想像しても、所詮それは
想像でしかなく、本当に彼らの苦悩を理解することはできないのです。
彼らを癒せるのは、同じ状況の人達でしかない、と思いました。

ということで、孤独になりがちな彼らが出会える場所をどうにか提供できないだろうか、
と考えました。

・・・そして今、愛知県に避難されてきている皆さん同士の交流会を企画しています。

またその話はおいおい。

ということで、忙しくしております。元気です。

皆様も、梅雨のじめじめに負けずお元気でお過ごしくださいね。





~1人でも、彼の地から逃れてきた人が、逃れた先でなお孤独を感じたり
辛い思いをしませんように。それはその人の置かれた状況に決して関わらず。
スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

Lazy Betty

Author:Lazy Betty
元・移動カフェオーナーの新たな野望を実現させるまでの軌跡(奇跡じゃないよ)のブログです。

愛知県豊田市駅前にてコーヒー屋台(移動カフェ)営業をしておりました。
その3年間に渡る定点観測の経験から、駅周辺に集う人々が何を求め、どんな場所を必要としているかを観察し続けた先にあるものを共有できれば幸いです。

2009年12月~2010年11月まで、豊田市駅近くの「Bar old kenny」にて、昼間カフェ部門として「The third place」を展開しておりました。現在はフリーで、傾聴屋、デリバリーのコーヒーサービスをお請けしております。

家庭ではなく、職場でもない、お客様にとって三番目の居場所を作りたいと思っています。しがらみのない、肩書きも必要ない、そんな緩やかな時間をお過ごしください。

お客さま
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ブログ内検索
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。