<<04  2017,05/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  06>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「編集の自由」判決。
昨日最高裁で「編集の自由」に基づく判決が言い渡されたそうですね。

被取材者の、取材に応じる意図はそれぞれでしょうし、意図に沿わない編集をされたとしても、それを見た人達に広く興味を持ってもらうという意味では、価値のある取材もあるだろうと思うのです(最近、ボンで開催された「生物多様性条約第9回締約国会議(CBD COP9)」にNPOとして取材された友人曰く)。

が。

当方の場合、今回の判決のように政治的関与を含んだ重い事例ではないにせよ、人一人が亡くなったという当方の経験談や、お客様との大切な会話を、取材者側の意図する特集の枠にはめ込むために、必要な部分だけ再編集されて残念です。

人一人の命を軽く扱われたような感覚。とはいえ、元はと言えば当方が軽く話してしまったせいでしょう。亡くなった彼の事を話したことに罪悪感を感じることがあろうとは思ってもみませんでしたが(少なくとも、あの時花束を置いて帰った男性は、当方が彼の話をした事で少しは思いとどまってくれたと思っているので)。

どんな事柄にせよ、無知とは怖いもので。関わらなければ決してわかり得ない部分って意外と多いことを知りました。

とはいえ、タイトルの「編集の自由」も、メディアを介して知ることのできたものなので、なんだか皮肉。

「表現の自由」とは、メディアにだけ許される言葉では決してなく、被取材者にとってもあてはまる言葉であるべきで。曲解される内容になってしまうことを恐れて口を噤んでしまう当事者が増えないかと。

ど素人ながら、取材を基に記事にされた者としての感想です。

昨日、新聞記事を見たと、某TV局の方がお越しになりましたが、やっぱり怖いですね。
スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

Lazy Betty

Author:Lazy Betty
元・移動カフェオーナーの新たな野望を実現させるまでの軌跡(奇跡じゃないよ)のブログです。

愛知県豊田市駅前にてコーヒー屋台(移動カフェ)営業をしておりました。
その3年間に渡る定点観測の経験から、駅周辺に集う人々が何を求め、どんな場所を必要としているかを観察し続けた先にあるものを共有できれば幸いです。

2009年12月~2010年11月まで、豊田市駅近くの「Bar old kenny」にて、昼間カフェ部門として「The third place」を展開しておりました。現在はフリーで、傾聴屋、デリバリーのコーヒーサービスをお請けしております。

家庭ではなく、職場でもない、お客様にとって三番目の居場所を作りたいと思っています。しがらみのない、肩書きも必要ない、そんな緩やかな時間をお過ごしください。

お客さま
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ブログ内検索
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。